米沢中央高等学校

〒992-0045 山形県米沢市中央7丁目5番70-4号 TEL 0238-22-4223 / FAX 0238-22-4224 URL http://www.ychuo-h.ed.jp MAIL info@ychuo-h.ed.jp

© 米沢中央高等学校 All rights reserved.

201812/27

平成30年度 第62回 日本学生科学賞山形県審査 マイロナイトと地形の変動に関わる考察 ー 棚倉構造線の北方延長問題に関連して ー

審査委員特別賞(山形県立博物館にて表彰式)

今年は2012年から昨年2017年までの6年間の研究をまとめて出品しました。都市圏の活断層から始まった研究の動機,エクセルの立体地形図で捉えた斜平山山塊の地形変動,ここまでが2013年,そして2014~2015年の2年間の調査を経て,山体構造の方向が分かり,基盤岩のマイロナイトにまで考察が及ぶことになるとは,当初は予想もしていない展開でした。基盤岩の話になると,日本列島の形成過程に遡ることとなり,棚倉構造線の北方延長問題という分不相応の内容にまで入っていかざるを得なかったわけです。しかし,実は既存文献(日本の地質「東北地方」,1989)の中で,米沢盆地から酒田方面へ向かって棚倉構造線が延びているという予想はされていました。滝口・田中(2001)の補足データとなったかと思いますが,われわれの結論はそこではなく,日本海拡大時の堆積物である斜平山山塊がアーモンドを引きちぎるように割れていて,これを剪断と考えたとき,その剪断方向が李山マイロナイトと一致したということから考察が始まっています。
さて,難しい話になってきました。今後は斜平山山塊を中心として吾妻山の分水嶺に及ぶ広域の立体地形図の完成を目指すこととなります。データが膨大過ぎて今年は間に合わなかったのです。そして,その結果としてマイロナイトを探しに吾妻山の稜線を歩くことになるかもしれません。沢歩きはたぶん無理でしょうから。しかーし,2019年4月,科学部員は0となってしまいます。現在の1年生,2年生,そしてまだ見ぬ新入生の入部を心からお願いします。入ってくれないと休部あるいは廃部もあり得る状況です。もし,この研究に興味がない場合は,自分の好きなテーマを見つけて,自由に研究してもらって構いません。是非とも誰か入部してください。できれば体力に自信ありの人を求めます。

マイロナイトと地形の変動に関わる考察(PDFファイル1392KB)

全日本バレーボール高等学校選手権大会(武蔵野の森総合スポーツプラザ)

米沢中央 1-2 奈良文化(奈良県)

201812/27

平成30年度NHK海外たすけあい(第36回)キャンペーン街頭募金活動

2018年12月9日(日)ヨークベニマル米沢駅前店にて日本赤十字主催の海外たすけあい街頭募金活動に参加してきました。吹雪の中カイロを体中に貼…

201812/27

「聖火のキセキ 山形」NHK BS-1 12/29(土)17:00~17:25 放送決定

1964年、東京オリンピックの聖火リレーは日本各地に知られざる”奇跡”をもたらした。本校卒業生で当時の聖火リレーに関わった「鶴見(旧姓堤)美…

平成30年度紅花旗高校剣道大会 第31回大会(山形市総合スポーツセンター第一体育館)

男子ベスト8、女子ベスト16

第53回つくばね旗高校剣道大会(流通経済大学スポーツ健康センター)

大会報告

ページ上部へ戻る