米沢中央高等学校

〒992-0045 山形県米沢市中央7丁目5番70-4号 TEL 0238-22-4223 / FAX 0238-22-4224 URL http://www.ychuo-h.ed.jp MAIL info@ychuo-h.ed.jp

© 米沢中央高等学校 All rights reserved.

部活動紹介(吹奏楽部)

吹奏楽部

吹奏楽部顧問の高橋香奈先生にインタビューしました。

米沢中央高等学校吹奏楽部の紹介をしてください

昨年までは音楽部顧問の村先生が吹奏楽部の顧問を兼務していましたが、今年度(令和元年度)から新採の私(高橋香奈)が吹奏楽部顧問を仰せつかりました。よろしくお願いします。

米沢中央高校の吹奏楽部の歴史は古いのですが、近年は吹奏楽の好きな仲間が集まって練習をする。そして、学園祭での発表や、野球大会応援などが主な活動でした。しかし、米沢中央高校に入学してくる生徒の中には吹奏楽の経験者も多く、もっと吹奏楽を深く追求したいとの声があがることもありました。そこで、平成29年度より置賜地区の吹奏楽で活躍されている中嶋先生をコーチとしてお迎えし活動をしてきました。

中嶋先生の指導は優しく穏やかで専門的、中嶋先生の指揮で様々な楽器の奏でる音が一つの曲になり、心地よく聞いている者を感動させる演奏となります。

こうした活動の中で今年は、長い間(約40年)行われていなかった米沢中央高校単独での演奏会を5月に復活させることができました。そして、6月の椎の実会(米沢中央高校同窓会)では初代吹奏楽部(昭和42年卒業)の大先輩たちを前に演奏することもできました。また、全日本吹奏楽コンクール置賜地区予選に初めて参加することもできました。

高橋香奈先生が考える吹奏楽の魅力とは

吹奏楽は様々な楽器が集まって構成されています。華やかで明るい音のトランペット、主要なメロディーを奏でるクラリネット、スライドを伸縮させダイナミックな演奏のトロンボーン、ハーモニー担当のホルン、低音で重みのある音色のバスクラリネットは音楽に厚みを持たせます。


楽器によって音色も吹き方も、形も大きさも違います。それぞれが全く異なった個性を持っています。でも、それが集まって一つの曲を奏で始めると、一つひとつ楽器の音色が溶けあい素敵なハーモニーが出来上がります。これは楽器を演奏している人間にも当てはまります。一人ひとりは他にはない個性があります。それが一つの目標に向かってお互いを意識しながら協力しあうことで一つになり、大きな目標を達成することができるのです。そして、多くの人に感動を与えることができる。吹奏楽をしていると、楽器も人間も似ているところがあるなあと感じることがあります。

これからの目標を教えてください

演奏の機会を増やして、生徒が活躍できる場を増やしたいと考えています。それと、先日米沢中央高校の体験入部があり20名の中学生が参加してくれました。小編成の吹奏楽も素敵ですが、大勢で奏でる吹奏楽は鳥肌が立つほど感動的でした。これからは、吹奏楽を愛する部員を一人でも多く集め、いろいろな曲をみんなで奏でていきたいと思っています。
 

吹奏楽を通して生徒たちに伝えたいことを教えてください

ステージに立って演奏が始まったら自分で楽器を操り奏でなくてはいけません。その瞬間もしかすると自分一人になったような感覚になる時もあるかもしれません。でも、決して一人ではないということです。隣には一緒に練習をしてきた仲間がいます。そしてなにより一生懸命練習した自分が演奏しているのです。仲間を信じ、自分を信じてほしいと思っています。

201910/9

入学者募集要項(推薦入学・一般入学)を掲載しました

201910/1

スクールバス時刻表・JR列車運行情報

長井西置賜地区スクールバス、南陽地区スクールバス、喜多方地区スクールバス

2019椎野学園祭が始まります

第29回東北私立高等学校男女バレーボール選手権大会(須賀川アリーナ他)

第3位

【速報】令和元年度 置賜地区高校新人

団体優勝11種目、個人優勝20種目

ページ上部へ戻る